中央区 ヤミ金の相談


ヤミ金の相談

中央区の闇金から怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

中央区の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

おすすめの弁護士

中央区のヤミ金の相談でおすすめの法律事務所。

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

「名義貸し」はカードローンの契約に際しての禁止事項に該当します。仮にそれが配偶者の収入を支払いに充てるつもりの専業主婦であっても同じことで、妻自身の名義で契約を行うことになります。ローンの返済は名義人となった本人の責任のもとで行うことになります。仮に親兄弟や配偶者間の場合でも、本人とは異なる名義でカードローン契約を締結した人は犯罪者になってしまいます。もし、承諾していた場合には、本人と同様に名義を貸した人も犯罪行為をしたことになってしまうでしょう。メリットの多いカードローンの借り換えという方法でも、反対に、今より状況が悪くなることだって起こりえます。今よりも高い金利になってしまうことや、長い返済期間にすれば、そうなるのです。借り換えたことで、より金利の低いローンに切り換えたとしても、今の返済期間より短くしないと、結局のところ、金利が増える場合があります。借り換えたいと思っているならデメリットにならないようにしましょう。

どんな目的で使うのであっても希望額分を借りられるのがカードローンの手軽さの一つではないでしょうか。その資金を何に使うのか問われた際、返せる見込みのある目的であれば一時的に資金が必要だと判断されるような内容でも問題ありません。ただ、「生活費の為」というのは毎月困っているのかと不信感を与えるので言わないようにしましょう。他社から借入れている分の「返済資金」は理由としては全くもって不適切です。その理由を変えない限りどこの審査でも通りません。たとえば個人事業主でカードローンに申し込む際、年間での収入を明らかにする書類提出が不可欠です。住民税決定通知書、課税証明書等で、前の年の収入が記されている資料に限定されます。

ヤミ金の相談

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼