女性のヤミ金相談


女性のヤミ金相談

闇金で借りてしまって怖い目にあっても、警察は相手にしてくれません。

普通の弁護士に相談しても難しいです。闇金は、闇金専門の戦ってくれる弁護士を選ばないといけません。


こんな方は相談を

  • 取り立てが怖い
  • 電話が怖い
  • 職場にまで来る

ヤミ金の相談悩み


おすすめの弁護士

  • DUEL法律事務所

    30年の実績で安心!。24時間いつでも即日相談可能。分割払いも出来るのが嬉しい。まずは無料問い合わせで確認!

  • ジャパンネット法務事務所

    闇金対応実績20,000件以上。喧嘩腰スタイルが特長で、闇金業者も事務所名を聞くだけで怯むほど知名度があります。後払い、分割払い可能。

  • ウイズユー司法書士事務所

    女性の方はおすすめ!。完全女性スタッフ対応。相談から解決まで最短1日。後払い、分割払い対応。

債務整理について

借入の限度を年収の三分の一までとするという「総量規制」がキャッシングにおいては適用されることになっています。とはいえ、これは消費者金融業者のフリーキャッシング、クレジットカードに設定されたキャッシング枠を使ったケースで適用されています。銀行のカードローンの借入の場合、対象外となります。カードローンに限らず、どのような契約でも、銀行から借りた場合は全部、総量規制の対象とはなりません。予期せぬアクシデントなどでお金が足りなくなって、返済日に払うことができなくて、延滞という結果になってしまったとしたら、すぐに連絡がきます。それに応えず放置を続ければ、その結果、所有する財産の差し押さえが施行されてしまうことだってあるのです。対象となるのは給与です。恐らく大半の人が思い浮かべるような、自宅で業者の人間が差し押さえていくことはリアルでは起きません。

返すお金がなく、債務整理の手続きを1回でも行うと、どうしてかというと、債務整理を行ったと記録した信用情報機関があるからで、この事実が信用情報に残っている期間中は他の貸付契約も全部ご利用できません。信用情報の保存期間は、最低で5年間なので、カードローンの再利用には、カードローンや借入契約をまた申し込むには、何もせずに待つのが最良の方法です。カードローンと呼ばれていることからもわかりますが、専用のカードを使い、借入するのがメインとなっています。ですが、広くネットが使われるようになったので、借入は銀行口座への振込みを利用するというケースも多くなっています。この頃は、携帯電話、または、スマートフォンからインターネットを利用することにより、指定口座への振込みをすぐに行っている会社もあります。

分割払いなども利用できるクレジットカードとは違って、お金を借りるときに使うカードはあとの分をショッピングに充てることはできません。けれど、クレジットカードのキャッシング枠なら、クレジットカードを利用した借入はカードローンと同じように、法律により年収の三分の一以上の借入は禁止されています。まともな金融機関であれば当然、カードローンの利用者に対し、審査を前提とします。返済時に問題が起こることがないかを判断するのです。その人の職、勤め先と勤続年数、年収や家族構成等の属性面と、その他のローン契約の利用による信用情報によって総じて考えて、問題がないと認められると、審査を通過できます。

ヤミ金の相談

迷ったらまずはご相談を。

▼タップして無料相談▼